福祉の職種

ソーシャルワーカーの仕事内容について

児童・障害者・高齢者・生活困窮者などソーシャルワーカーの活動する場は数多くあります。 ソーシャルワーカーは広義の意味で、所属する機関や職場により職種名も異なります。 今回はそんなソーシャルワーカーが携わる支援のフィールドを紹介し...
福祉に関する知識

バイスティックの七原則について

対人援助職が仕事に取り組むなかで基本となる考え方、その一つにバイスティックの七原則があります。 バイスティックの七原則 1957年、アメリカでケースワーカー・社会福祉学者だったフェリックス・P・バイステックが提唱したものです。 日...
介護・福祉の資格

相談支援専門員について

相談支援専門員、みなさんはご存知でしょうか。 高齢福祉の分野でケアプランの作成などケアマネジメントを行うのが介護支援専門員(ケアマネージャー)であれば、障がい福祉で相談支援を行いケアマネジメントに取り組むのが相談支援専門員になります。...
福祉の制度

虐待の種類と予防、虐待への対応について

虐待 この言葉を聞くと目を伏せたくなりますが現実として虐待は起こっています。 私たちが虐待に対する知識を身につけることで、虐待を受けている方を守ることもできるかもしれません。 中には自分が行なっていることが虐待とわからず、...
介護・福祉の資格

精神保健福祉士の資格取得方法と役割について

精神障害者へ相談援助技術を用いて支援を行う精神保健福祉士。 今回はそんな精神保健福祉士の国家資格取得方法と役割について。 根拠となる法律 精神保健福祉士法(1997年)を根拠とする国家資格です。 精神保健福祉士を取得するには ...
介護・福祉の資格

社会福祉士の資格取得方法と役割について

相談援助技術を用いてクライエントに支援を行う社会福祉士。 今回はそんな社会福祉士の国家資格取得方法と役割について。 根拠となる法律 1987年に制定された社会福祉士及び介護福祉士法を根拠とする国家資格です。 改正 法律が改正さ...
介護・福祉の資格

介護福祉士の資格取得方法と役割について

高齢化が加速する日本で唯一の介護に関する国家資格が介護福祉士です。 今回はそんな介護福祉士国家資格の取得方法と活躍の場について。 根拠となる法律 1987年に制定された社会福祉士及び介護福祉士法を根拠とする国家資格です。 改正 ...
介護・福祉の資格

介護福祉士実務者研修の資格について

介護福祉士実務者研修という資格 介護福祉士実務者研修(以下、実務者研修)という資格をご存知でしょうか。 介護の仕事を始めるときに求められる資格の一つで他の資格として介護職員初任者研修があり、こちらは実務者研修と比べて学習期間も短く安...
介護・福祉の資格

介護職員初任者研修(旧、ホームヘルパー)の資格について

介護職員初任者研修という資格 介護に携わる仕事をするうえで入門的な資格となるのが介護職員初任者研修となります。 以前は訪問介護員養成研修(ホームヘルパー1〜3級)そして介護職員基礎研修と呼ばれていた資格が一元化されたものが介護職員初...
福祉の職種

介護支援専門員(ケアマネージャー)の職場について

今回の記事は居宅ケアマネージャーと施設ケアマネージャーの仕事についてです。 関連記事:ケアプランの作成、介護支援専門員について 居宅介護支援事業所に所属する介護支援専門員は、自宅で生活されていて支援や介護が必要な利用者のケアプラ...