スポンサーリンク

保育士の資格取得方法と役割について

スポンサーリンク
介護・福祉の資格

保育士、みなさんはご存知でしょうか。

子どもの保育に関しての国家資格で、主に保育関係の施設で0〜6歳の子どもに保育を行います。

保育士になるには

保育士になるには、

①保育士の養成校(専門学校、短大、大学など)を卒業する

②保育士試験を受験して合格する

いずれかの方法で国家資格を取得することが求められます。

①保育士の養成校(専門学校、短大や大学など)を卒業する

保育士の養成校を規定の単位を取得して卒業することで保育士資格が得られます。

②保育士試験を受験して合格する

先に筆記試験(マークシート式)があり、筆記試験に合格したあとは実技試験があります。

いずれも合格した人が保育士の資格を取得できます。

※筆記試験は、9科目(保育原理、教育原理、社会的養護、児童家庭福祉、社会福祉、保育の心理学、子どもの保健、子どもの食と栄養、保育実習理論)あります。

※実技試験は、1)音楽表現に関する技術、2)造形表現に関する技術、3)言語表現に関する技術

以上の3分野から2分野を選んで受験します。

保育士の仕事内容

保育士の仕事も多岐に渡ります。

子どもが安心、安全な環境で過ごせるような環境設定や健康状態の確認ももちろんですが保護者との連携も重要になります。

それには日々の会話や連絡帳のやり取りを通して「関係性の構築」ができることで保護者とも連携・協力し子どもに保育を行うことができます。

子どもは他者とやり取りすることや地域での交流を通して、社会性を育みます。

関連資格

社会福祉士

社会福祉士の活躍の場は児童・障がい・高齢者・生活困窮者・来日されている海外の方へのアプローチなど、年齢層そして活躍の分野も多岐に渡ります。

また外部機関と連携してクライエントへの支援やその方への環境調整といった間接的な支援にも取り組みます。

関連記事:

社会福祉士の資格取得方法と役割について

ソーシャルワーカーの仕事内容について

スクールソーシャルワーカーという仕事について

まとめ

保育士が保育を行ううえで子どもへの関わりだけでなく、保護者や関係する他機関との連携も求められます。そしてこれからの未来を担う子どもたちに関われる仕事。

それが保育士という仕事になります。

コメント